8月30日に発売!カズチャンネルなど数多のYoutuberが絶賛する神カメラ『SONY RX100M7』をレビュー!価格やスペックを比較する。

レビュー 動画

シェア 0

プレゼント企画で有利になるよ!

今回レビューするのは2019年8月30日にSONYから発売された「RX100 M7(マークセブン)」です。RX100シリーズは毎年モデルチェンジ版が発売されており、「RX100M7」はRX100シリーズの2019年モデルとなります。

前作からの大きな違い

前作からの大きな違い
前作からの大きな違い
  • 動画撮影時間の「制限がなくなった」点
  • 「マイク端子」が内蔵された点

動画撮影時間の「制限がなくなった」

動画撮影時間の「制限がなくなった」
動画撮影時間の「制限がなくなった」

以前のRX100シリーズは動画撮影に制限があり30分までの動画しかとることができませんでしたが今回発売されたRX100シリーズの2019年版「RX100M7」ではこの制限がなくなりました。

「マイク端子」が内蔵された

「マイク端子」が内蔵された
「マイク端子」が内蔵された

以前のシリーズではマイク端子がありませんでしたが、「RX100M7」ではマイク端子が内蔵されました。マイク端子に外付けマイクを付けられるようになり、音質の向上が図れ、前作より優れた動画を撮影できるようになりました。

もちろん内臓マイクもありますが、外での撮影では風切り音などの雑音を拾ってしまいますので外部のマイクを一緒にご購入されることを推奨します。

簡単に何がすごいのか?

デジタル一眼カメラα9(アルファナイン)並の性能

小さい・軽い・綺麗 の3拍子

この小さいコンパクトなボディにソニーの高級デジタル一眼カメラα9(アルファナイン)並の性能がぎっしり詰まっている点にあります。

非常にAF(オートフォーカス)が早く、リアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFやブラックアウトフリー撮影などα9並みの性能がコンパクトボディに収まっています。

動画も写真もこれ一台!最強のオールインワンカメラ

焦点距離は24ミリから200ミリで、広角から望遠まで撮影できる、非常に幅広く万能なカメラとなっておりマイク端子が付属されたことで動画もプロレベルに撮影できます。写真も動画もこれ一本で可能となったまさに「オールインワン」のカメラです。

スペック

本体仕様

本体セットとシューティンググリップキットの二種類

本体セットとシューティンググリップキットの二種類
本体セットとシューティンググリップキットの二種類

本体セット

本体セット
本体セット
  • RX100M7(本体)
  • リチャージャブルバッテリーパック (NP-BX1)
  • ACアダプター
  • マイクロUSBケーブル
  • リストストラップ
  • ストラップアダプター
  • スタートガイド
  • 印刷物一式

シューティンググリップキット

シューティンググリップキット
シューティンググリップキット
  • RX100M7(本体)
  • リチャージャブルバッテリーパック (NP-BX1) (2個)
  • ACアダプター
  • マイクロUSBケーブル
  • リストストラップ
  • ストラップアダプター
  • シューティンググリップ (VCT-SGR1)
  • ハンドストラップ
  • コードクランパー
  • ポーチ
  • ブラケット
  • スタートガイド
  • 印刷物一式

シューティンググリップキットには、シューティンググリップ (VCT-SGR1)が付属されております。

シューティンググリップ (VCT-SGR1)
シューティンググリップ (VCT-SGR1)

このVCT-SGR1はリモコングリップの機能と三脚の機能が合わさった撮影時に非常に便利な商品となっており、リモコン部には「写真撮影ボタン」や「ズームボタン」「停止ボタン」「録画ボタン」が付いておりカメラを置いて撮影する方や自撮り撮影を行う人に便利な商品となっています。

手触りは高級感がありダイヤルはA6400やA9と同じでファインダーボタンを押すことでファインダーが出てくるフリップ式となっており、ディスプレイもフリップ式で自撮りを行う際に非常に便利です。さらにフラッシュも収納式となっています。

特徴的な機能は「ブラックアウトフリー撮影」で、すさまじい連射撮影が可能となり、さらに消音も可能で野鳥などの撮影にもってこいの機能となります。

エイム速度もずば抜けて早く、ズームスピードも「標準・高速」と設定、変えることができ、AFの駆動速度・AF被写体追従感度なども変えることができます。

オートフォーカス速度も尋常ではないほど早く、手振れ補正機能もありジンバルいらずです。

プロ顔負けの動画・写真を撮影することが可能となっており動画をメインに撮りたい方・写真をメインに撮りたい方、どちらの方にもお勧めできる最強のカメラとなっております。

絶賛しているYoutuber

「さっさん」さん

「KAZUYA Channel 5D’s」さん

「カズチャンネル/Kazu Channel」