【コスパ最強?】GoPro Hero 4 Black Editionをいまさらレビュー!

その他

シェア 0

プレゼント企画で有利になるよ!

世間ではGoPro8がリリースされると話題ですが・・・今回は私が愛用している4世代前にあたるGoPro Hero 4 Black Editionのインプレッションを行っていきたいと思います!

数世代前だからと言って舐めてもっらては困ります。まずは GoPro Hero 4 Black Editionの性能から見ていきましょう

GoPro Hero 4 Black Editon スペック

画像

本体重量:88g
最高ビットレート(H.264):60Mbps

撮影品質

4K 30 , 25 , 24 fps
4K SuperView 24 fps
2.7K 60 , 50 , 48 , 30 , 25 , 24 fps
2.7K SuperView 30 , 25 fps
2.7K(4:3) 30 , 25 fps
1440p 80 , 60 , 50 , 48 , 30 , 25 , 24 fps
1080p 120 , 90 , 60 , 50 , 48 , 30 , 25 , 24 fps
1080p SuperView 80 , 60 , 50 , 48 , 30 , 25 , 24 fps
960p 120, 60, 50 fps
720p 240, 120, 60, 50, 30, 25 fps
720p SuperView 120, 60, 50 fps
WVGA(800×480) 240 fps

本体端子:MicroSDカードスロット , MicroHDMI差込口 , MiniUSB端子
となっております。

なぜ、いまさら 世代遅れのHero4を使うのか?

なぜ今この古いGoProを使うのかというと、ずばり価格です!

アクションカム市場では新しいアクションカムがどんどんリリースされていく中で、古くなった型落ちモデルはかなり格安で販売されています。

こちらのGoPro Hero 4 もAmazon.comなどでは現在は定価の半額程度で取引されています。

Amazon GoPro Hero 4

ヤフーオークションなどを見ると、さらに安く売られていることもザラです。

価格の高いアクションカムを買って慎重に使うより、少し型落ちの安い高性能なアクションカムをガツガツ使っていくほうが、精神的にも気楽でオススメです!

古くてもさすがGoPro!

私が使っているGoProは一年以上過酷な撮影環境に耐えてきました。

例えば?どんな撮影をした?

地面に落下したり、砂がついたり、水に落ちたり…傷やサビ、割れなどが少しありますが、今でも全く問題なく動いています。

最後に何年も使った「GoPro Hero 4」で撮った映像をお見せしましょう!

動画

さすがは天下のGoProが作っただけありますね。
参考になった!と思った方はぜひこの記事をシェアしてくださいね!

今度、プレゼント企画を行う予定でその際の基準の一つにしようかと思っています。何をプレゼントするのかはお楽しみに!