スマホ用ジンバル「Osmo Mobile 3」が発売!様々なスマホ用ジンバルと比較する。

レビュー

シェア 0

プレゼント企画で有利になるよ!

世界で最も売れているドローン「Mavicシリーズ」やアクションカメラの「Osmo Action」で知られるDJIがスマートフォン用ジンバル( スマホ用スタビライザー )「Osmo Mobile 3」を販売しました。

「Osmo Mobile 3」は2019年8月13日に販売されました。前作「Osmo Mobile 2」の新作、後継機となります。

今回は前作「Osmo Mobile 2」との差や「ZHIYUN SMOOTH 4」や「SNOPPA ATOM」など他のスマホ用ジンバルとの違い、スペックや価格などを比較していきます。

まずは、「Osmo Mobile 3」のスペック・レビューから

「Osmo Mobile 3」のスペック

価格13,500円(税込)
価格(コンボ)15,660円(税込)
サイズ285×125×103mm
折りたたみ時サイズ157×130×46mm
重量405g
最大搭載重量 200±30g
最大バッテリー駆動時間最長で約12時間
バッテリー充電時間最短で約2時間半
取付スマートフォンサイズ幅62~88mm、厚さ9.5mmまで

外部マイクにも対応しています。

公式サイト:「DJI Osmo Mobile 3

注目ポイントレビュー

1:折りたためる

Osmo Mobile 3の注目ポイント「折りたたみ」
折りたたみ時のサイズは157×130×46mm

折りたたみ式というのが「Osmo Mobile 3」の最大の特徴で携帯性の向上により持ち運びが手軽になりました。

2:操作系ボタンの増加

録画の開始/停止ボタン/スティック/ズームスイッチ

「録画の開始・停止ボタンやズームスイッチ」などのボタンが本体についておりいちいちスマホをいじらなくても様々な操作ができ、片手で手軽に撮影できます。

ActiveTrack 3.0

ActiveTrack 3.0
トラッキング機能「ActiveTrack 3.0」

トラッキングとは?

顔認識機能や動体認識機能を利用して被写体を追跡し滑らかな動画や写真を撮影できる機能のことです。 「ActiveTrack 3.0 」はディープラーニングやコンピュータービジョンアルゴリズムがプログラムに組み込まれています。

動画の1分04秒をご覧下れば分かりやすいでしょう!

ジェスチャー操作

ジェスチャー操作 で簡単にセルフ撮影

ジャスチャーをカメラの前で行うだけで自動で写真や動画を撮影できます。一人での撮影や集合写真などで使える今注目の機能です。

「Osmo Mobile 3」のレビューを簡単ですが終わります。続いて比較に参りましょう!

「Osmo Mobile 3」の違いはどこだ?「Osmo Mobile 2」と比較する。

商品名Osmo Mobile 3Osmo Mobile 2
価格13,500円(税込) 16,800円~12,960円
価格(コンボ)15,660円(税込)なし
サイズ285×125×103mm295×113×72 mm
折りたたみ時サイズ157×130×46mm 折りたたみはできません
重量405g485g
耐重量200±30g240g
最大バッテリー駆動時間最長で約12時間最長で15時間
バッテリー充電時間最短で約2時間半最短で2 時間
取付スマートフォンサイズ幅62~88mm、厚さ9.5mmまで幅58.6~85 mm、厚さ8.9 mmまで

バッテリー持続時間は「Osmo Mobile 2」のほうが上

Osmo Mobile 3は80gも軽くなったためかバッテリ持続時間が減っているがその他の点では「Osmo Mobile 3」のほうがスペックは上となっています。

違う点はなんといっても「折りたたみができない点」です。

価格はなぜか新作「Osmo Mobile 3」のほうが安くなっている。

「Osmo Mobile 2」は現在(記事投稿時)公式サイトでは在庫切れとなっています。しかしAmazonストアでご購入いただけます。

追記:Amazonストアでも品切れになりそうです。

「Osmo Mobile 2」商品ページ:「Osmo Mobile 2

「Osmo Mobile 2」Amazon: 「https://amzn.to/30CquMa

追記:「Osmo Mobile 3」もAmazonストアで品切れになりそうです。

「Osmo Mobile 3」商品ページ:「Osmo Mobile 3

「Osmo Mobile 3」Amazon:「https://amzn.to/2NBgzmb

「ZHIYUN SMOOTH 4」と「 Osmo Mobile 3 」比較

ZHIYUN SMOOTH 4
ZHIYUN SMOOTH 4
商品名Osmo Mobile 3 ZHIYUN SMOOTH 4
価格13,500円(税込)16000円(税込)
価格(コンボ)15,660円(税込)なし
サイズ285×125×103mm328×105×123
折りたたみ時サイズ157×130×46mm 折りたたみはできません
重量405g 約547g
耐重量200±30g75g~210g
最大バッテリー駆動時間最長で約12時間標準で12時間
バッテリー充電時間最短で約2時間半最短で3.5時間
取付スマートフォンサイズ幅62~88mm、厚さ9.5mmまで幅65~82mm

ソフトバンク コマース&サービスが2018年8月24に発売したZHIYUN(ジーウン)製のスマホ用ジンバル。Osmo Mobile 3 と同じくトトラッキング機能も搭載されております。

バッテリー駆動時間は同じ、本体重量・バッテリー充電時間や価格の面から見ると「Osmo Mobile 3 」のほうが上とみられます。

トラッキング性能も最新型のトラッキング機能を搭載している「Osmo Mobile 3 」のほうが上か?と思われる。

商品ページ:「ZHIYUN SMOOTH 4

「Osmo Mobile 3」商品ページ:「Osmo Mobile 3

「Osmo Mobile 3」Amazon:「https://amzn.to/2NBgzmb

折りたたみスマホ用ジンバルのパイオニア「SNOPPA ATOM」と「Osmo Mobile 3」との比較

‎2019年1月4日に発売されたDJIと同じ中国のメーカーSNOPPAのスマホジンバル。世界最小クラスのスマホ用ジンバルとして売りだしており在庫切れ続出のベストセラー商品です。

商品名Osmo Mobile 3 SNOPPA ATOM
価格13,500円(税込) 15,000 円(税込)
価格(コンボ)15,660円(税込)なし
サイズ285×125×103mm297×73×123mm
折りたたみ時サイズ157×130×46mm 178×106×50mm
重量405g440g
耐重量200±30g310g
最大バッテリー駆動時間最長で約12時間標準で15時間
バッテリー充電時間最短で約2時間半最短で3時間
取付スマートフォンサイズ幅62~88mm、厚さ9.5mmまで幅55~88mm、厚さ9mmまで

Osmo Mobile 3より前に折りたためるスマホ用ジンバルとして販売していました。折りたたみ時のサイズはほぼ同じサイズで外部マイクにも対応しています。トラッキングシステムも内蔵されています。

Amazonストア: SNOPPA ATOM

どちらいいと一概には言えませんが値段を見るなら「 Osmo Mobile 3 」になりますね。

比較の結果!おすすめは「Osmo Mobile 3」

ということでスマホ用ジンバルが欲しい!という方は「Osmo Mobile 3 」を買っておけばまず間違いありません!

公式販売ページ: 「Osmo Mobile 3

Amazonストア: 「https://amzn.to/2NBgzmb

楽天:「 https://a.r10.to/hbB9BU