AirPodsよ!これからは「FreeBuds 3」の時代だ!アクティブノイズキャンセリング搭載で1万5000円⁉

Apple レビュー

シェア 0

プレゼント企画で有利になるよ!

HUAWEI FREEBUDS 3

今回レビューしていくHuawei FreeBuds 3ですが、見た目は完全にAppleのAirPods です。

AirPods Proはカナル型を採用しましたがHuawei FreeBuds 3はAirPodsと同じ耳が蒸れにくいインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンになります。

ノイズキャンセリング機能を搭載し繁華街や地下鉄といったところでも音楽に集中することができます。さらにAndroid専用アプリ「HUAWEI AI Life」でノイズキャンセリング効果を調整することもできます。

このノイズキャンセリング機能ですが普通のノイズキャンセリングではなくAirPods Proに搭載され世間を騒がせたあの「アクティブ・ノイズキャンセリング(ANC)」を搭載しています。

「アクティブ・ノイズキャンセリング(ANC)」とは?

ANC技術は、環境音などのノイズ・騒音をリアルタイムで測定し、逆位相の信号を出力することでノイズを打ち消して低減して最適化する機能のことです。

ANCを搭載するデメリットとしては「電力の消費」が挙げられます。

Huawei FreeBuds 3はAndroid専用アプリのHUAWEI AI Lifeアプリでアクティブノイズキャンセリングの効果を自分の耳の形や、着用習慣に合わせて個別に調整することができます。

AirePodsとFreeBuds 3を比較

値段機能再生時間
FreeBuds 316,292(税別)アクティブノイズキャンセリング搭載最大4時間HUAWEI Kirin A1 チップ
AirePods17,800円(税別)ノイズキャンセリング非搭載最大5時間H1チップ
AirPods Pro27,800円(税別)アクティブノイズキャンセリング搭載最大4.5時間H1チップ

AirePodsとFreeBuds 3を値段から比較

ノイズキャンセリング機能非搭載のAirePodsですら17,800円(税別)でHuawei FreeBuds 3のコスパの良さが分かります。

「アクティブ・ノイズキャンセリング」を搭載しているAirPods Proの値段は27,800円(税別)です。

Amazon: Apple AirPods Pro

値段と性能から見るとFreeBuds 3が勝利

総合的に比較

スペックなどから総合的に比較しスコアを算出できるサイト「versus」を使ってスコアを出していきます。

Huawei FreeBuds 3 VS  Apple AirPods

Apple AirPods が45点でHuawei FreeBuds 3が85点と僅差でHuawei FreeBuds 3が勝利しました。Huawei FreeBuds 3の圧勝となりました。Apple AirPods が優れている点としては「マイクの数」「再生時間」になります。

とんでもない結果になりましたね。では続いて・・・

Huawei FreeBuds 3 VS  Apple AirPods Pro

Apple AirPods Proが87点でHuawei FreeBuds 3が85点と僅差でAirPods Proが勝利しました。AirPods Proが優れている点としましては「防滴保護」「再生時間」「マイクの数」が挙げられます。値段的もっと差があっても不思議ではないのですがHuawei FreeBuds 3もえげつない。

以上いかがだったでしょうか?Huawei FreeBuds 3はIP54規格で防滴保護がないのがAirPods Proに負けた敗因のような気はします。しかし2点スコアの差ですのでコスパ重視の方はHuawei FreeBuds 3をおすすめしたいところです。

AmazonでHuawei FreeBuds 3を見てみる